診療日:月・火・水・金・土
休診日:木・土曜午後・日曜・祝日

診療については各ページをご確認下さい

変更もございますので
来院前にお電話にてご確認下さい

新着情報

2019.07.24
最新トピックスはこちら
2019.02.19
急性の発熱と発疹のある方は、はしか・風疹の流行の時の為、来院せずお電話をください。はしか・風疹の可能性の方は当院隔離室不備の為、隔離施設のある施設の受診をお願いします。
2018.06.22
花田医師の診療には待ち時間短縮の為クラーク(医師事務作業補助者)がつく日がございます。希望されない方は受付にお声掛け下さい。

しみ、しわ、毛穴の開き、にきびが気になる患者様へ

NANOEGG ナノエッグ トレチノイン(外用剤)の販売を開始いたしました。

 

トレチノインは、しみ(特に肝斑や炎症後色素沈着、日光性色素斑)、そばかす、小じわ、毛穴の開き、にきびを改善する優れた外用剤です。ビタミンAの誘導体で、皮膚の生まれ変わりを促し、健康な皮膚を再生します。当院ではこれまで標準的なトレチノインを使用していましたが、刺激に弱い患者さんには副作用の炎症反応である赤みや刺激感を生じることが多く、全顔にはお勧めしにくい治療法でした。しかし、この副作用を軽減させたトレチノインが日本で開発されました。それがNANOEGG(ナノエッグ)です。 独自技術でトレチノインをナノカプセル化し、安定化させ、皮膚透過性を向上させました。また、徐放性により副作用の炎症を軽減させ、治療が継続し易くなっております。

トレチノイン治療は、日本の先進技術で進化しております。しみ、しわ、毛穴の開き、にきびにお悩みの方、是非ご相談ください。なお、トレチノイン ナノエッグは、薬局やインターネットでは購入できません。

 

北村皮膚科のトレチノイン治療に際して

  • 治療目的(しみ、しわ、毛穴、にきび)、治療部位(全顔、部分治療)に応じて、処方量を調整します。
  • 治療効果をしっかり出すため、0.05%0.1%の濃度の外用剤を処方しております。
  • 当院ではNANOEGGにバーム基剤を用いて、乾燥と刺激感の軽減に努めております。
  • 赤みや刺激感は軽減しておりますが、表皮ターンオーバー亢進による皮ムケや軽度の乾燥感は生じます。使用間隔を調整する事で、日常生活の中でも治療をお受け頂く事が可能です。
  • しみの治療として、花田式 ステップアップ トレチノイン・ハイドロキノン併用療法を行っています。
  • 外用薬(処方薬)のため、医師の診察が必要となります。

 

トレチノイン ナノエッグ 0.05% 5g

\2,000(税別)

トレチノイン ナノエッグ 0.1%  5g

\2,500(税別)

 

北村皮膚科 副院長 花田 美穂 

2019. 824

トピックスを追加しました

https://www.kitamura-hifuka.com/cont9/main.html
北村皮膚科では、アトピー性皮膚炎、乾癬、掌蹠膿疱症、白斑などの難治性皮膚疾患を、紫外線療法308エキシマシステムや漢方で治療しています。
詳しくは上↑をクリックして下さい。

整膚オイルリラクセーション

12月の予定

1月の予定